東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

夜間・土曜も診療

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538
0362339538
メール
夜間・土曜も診療

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

うつ病と適応障害の診断の区別はつけられるのでしょうか?

1913年にヤスパースという精神科医から哲学者になった人は「了解可能か否か」というラインで、うつ病を区別しようとしました。落ち込む原因が、こちらでも理解できるものであれば、うつ病じゃないと言いました。たしかに、うつ病でも症状がひどい人で、入院が必要なレベルの人は「私はこの世で一番悪い人間だ。小学生の時に万引きをし、決して許されるはずがない」「私は貧乏だ。貯金もない(実際はけっこうある)」「私は何かの病気にかかっているに違いない。先生は私ががんであることを隠している(隠していない)」など妄想のように語り、理解がしがたいです。
ただ時代の変化によって、うつ病それ自体が軽症化しているのも事実です。昔の人よりも現代人の方が、心理学的な知識(うつ病という病気のことを知っている、お化けなどの存在を信じない、など)があるためだ、と言われることもありますが、その理由は分かっていません。
また、何もストレスのない人生はありえないので、うつ病を発症した時期にも、何かストレスやトラブルが起きていることが多く、「そのストレスで落ち込んでいるのでは?」と考えれば、診断は適応障害になってしまいます。
しかし、診察や治療を続けていくと、うつ病の人は再発することが多く、元気な時期と落ち込んでいる時期がはっきりとわかるので「この人はうつ病だったんだな」とわかることが多くあります。
あとは臨床医の勘です。医師のセンスにもよりますが、全体から見れば、結構当っているようにも思います。しかし、外すことも多いので、やはり薬物療法の必要の有無は診察のたびに考えなくてはいけないと思います。

質問カテゴリー: うつ病と適応障害について

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.