東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

初診WEB予約こちら 初診WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 日・祝休診

0362339538
初診WEB予約
再診WEB予約
初診WEB予約再診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

コンサータの処方に関して

コンサータの処方に関して(2019/12/23更新)

ADHDの治療薬であるコンサータは、2019年12月1日より登録制になりました。
登録の際に、「子供の時の通知表、学校からの連絡帳、母子手帳を持参していただく」もしくは「家族、友人、職場の同僚・上司などの第三者と一緒に受診してもらう、もしくは彼らからの手紙やメモ、メールなどを持参していただく」ことが必要となります。(第三者として、教師や心理相談員なども含みます。前主治医の紹介状は含みません)
これまで処方されていた人は2021年1月1日までに登録が必要です。
ご準備のほど、よろしくお願いします。

 

【目次】

○コンサータとは
○2019年12月1日より登録制に変わりました。
○2019年11月30日までに処方されていた人に対して
○2019年12月1日から新たに処方される人について
○他院で処方されていて、当院で継続処方を希望される人に対して
○よくある質問・お問い合わせ

 

【コンサータとは】

ADHDの治療薬の一つです。治療薬は主に3つあります。

コンサータ

18~72㎎

薬物成分が12hぐらいかけて少しずつ放出される、覚せい剤にも似た薬。効果は◎で即効性あり。

副作用は吐き気、食欲低下。

ストラテラ(アトモキセチン)

80~120㎎

SNRIに似た、集中力アップの薬。効果が出るまでに1か月ぐらいかかる

ジェネリックがあるため、少し安い。副作用は吐き気

インチュニブ 4~6㎎(18歳以上) 血圧の薬からできた薬。衝動性が抑えられる。副作用は眠気

 

【2019年12月1日より登録制に変わりました】

コンサータを処方するのには、登録医である必要があります。また薬局も、登録されたところでないと受け取れません。

薬剤を受け取る際には、処方箋のほかに「患者カード」および「身分証明書」が必要となります。

「患者カード」は医療機関から発行されます。

「身分証明書」は本人の保険証、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、パスポートなどが該当します。

 

【2019年11月30日までに処方されていた人に対して】

当院では、院長益田は登録医師となりました。

移行措置期間として、2021年1月1日まではこれまで通り、処方することができます。

引き続き処方を希望される方は、2021年1月1日までに患者登録を済ませる必要があります。登録の際には、同意書を書いてもらうほかに、「子供の時の通知表、学校からの連絡帳、母子手帳を持参していただく」もしくは「家族、友人、職場の同僚・上司などの第三者と一緒に受診してもらう、もしくは彼らからの手紙やメモ、メールなどを持参していただく」ことが必要となります。

 

【2019年12月1日から新たに処方される人について】

診察の結果、コンサータが必要であり、かつコンサータを希望される方については、同意書を書いてもらうほかに「子供の時の通知表、学校からの連絡帳、母子手帳を持参していただく」もしくは「家族、友人、職場の同僚・上司などの第三者と一緒に受診してもらう、もしくは彼らからの手紙やメモ、メールなどを持参していただく」ことが必要となります。

 

患者登録後、患者カードが発行されるまでには時間がかかります(詳細は2019年12月13日時点で不明)。

当日の処方については、「初回処方時限定のID番号記載用紙」を発行いたします。

 

【他院で処方されていて、当院で継続処方を希望される人に対して】

転院されてきた患者様も、2021年1月1日までは当院で、処方することができます。

引き続き処方を希望される方は、2021年1月1日までに患者登録を済ませる必要があります。登録の際には、同意書を書いてもらうほかに「子供の時の通知表、学校からの連絡帳、母子手帳を持参していただく」もしくは「家族、友人、職場の同僚・上司などの第三者と一緒に受診してもらう、もしくは彼らからの手紙やメモ、メールなどを持参していただく」ことが必要となります。

 

 

【よくある質問】

○コンサータ以外に治療法はありませんか?

アトモキセチンもしくはインチュニブなどの薬で、治療していくことも可能です。

 

○薬は一生飲まないといけないのか?

答えはNo。薬はあくまで補助剤。薬を飲みながら、上手に生きるコツをつかめれば、薬がなくても生活に困らなくなります。上手に生きるコツを掴むためには、本人及び周囲の人が特性の理解を深めていくことが重要です。

 

○発達障害は病気なのか、そうじゃないのか?

発達障害は分断されたものではなく、グラデーションによるものです。白黒に分けるのではなく、薄いグレーや濃いグレーがあります。混乱の原因は人間認知の「分断本能」によります。人は二つの概念を対立させて考えがちだが、自然界にあるものは2つに分断できるものではありません。

 

○登録に必要な、親からの手紙にはどのようなものがかいてあればよいですか?

こちらの資料を参考にしてください。Word  PDF

12歳以前から不注意、衝動性・多動性が分かるエピソードがあればいいと思います。
具体的には以下の質問を参考にしてください。全部が当てはまる必要はありません。
不注意
「作業が雑だと言われたことはありませんか?」
「授業中に別のことを考えていたり、歩き回ったりしていませんか」
「話を聞いていないだろ、と注意されたことはありませんか」
「作業をしていて、別のことをはじめたりしませんか?」
「時間管理や締め切りを守れない、整理が苦手などありませんか?」
「レポートや作文などの課題は苦手ですか?」
「携帯や財布をよくなくしますか?」
「集中することが苦手で、すぐに気が散ったりしてしまいませんか?」
「約束を忘れてしまうことはよくありませんか?」
衝動性、多動性
「よく体を動かしてしまいますか?」
「椅子に座っているのは苦手ですか?」
「衝動買いをしてしまったり、場にそぐわない行動をしてしまいますか?」
「静かに過ごすのは苦手ですか」
「あなたといると落ち着かない、と言われますか?」
「おしゃべりですか?」
「会話中に次のことを考えてしまいますか?」
「並ぶのが苦手ですか?」
「せっかちですか?」

 

○動画で解説してください。
https://www.youtube.com/watch?v=au536G7jzmA&t=19s

 

○その他のお問い合わせ

toiawase@wasedamental.com

 

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.