東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土日も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

夜間・土日も診療

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538
0362339538
メール
夜間・土日も診療

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

よくあるご質問

診察について

受診するかどうか迷っています。事前に相談できますか?

メールにて事前相談を承っております。受診を決めかねている方はお問い合わせフォームよりご相談ください。
事前相談に料金はかかりませんが、ご返信までにお時間をいただくことがございます。

初診以降もずっと同じ先生でなければいけませんか?

いいえ、ご都合にあわせてどの医師の診察も受診していただけます。

はじめての受診です。診察までの流れや準備するものを教えてください。

当院は予約制です。電話またはインターネット(WEB予約)よりご予約いただけます。ご不明点はお電話にてお気軽にお問い合わせください。
※ご予約なしで来院された場合は予約の方を優先する都合上、待ち時間が長くなる場合がございます。

当日は保険証をお持ちください。以前に他院に通院されていて紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方は、受付にご提出ください。
診察前に問診票をご記入いただきます。なお、問診票はこちらからダウンロード(PDF)もできますので、あらかじめ記入してご持参いただくとスムーズです。

初診の流れは「診療案内 > 初診の方へ」でもご案内しております。

他のクリニック通院中ですが、今回だけ薬だけもらうことはできますか?

当院は平日夜・土日とほかのクリニック様が診療されていない時間にも開院しているため、薬を切らしてしまったという方もご来院いただけます。紹介状などなく、受診可能です。ただし、初診扱いになってしまうため、いつもよりも診察代がかかってしまうことをご了承ください。

一部の薬については院内処方も可能です。また、他の薬の代用品を院内処方で補うことも可能です。お気軽にご相談ください。

再診(2回目以降)の流れを教えてください。

前回の診察時に予約をされた方は、予約日時にご来院ください。診察時に予約をされなかった方は、電話もしくはインターネット(WEB予約)にてご予約ください。予約当日に来られなかった場合は、改めて予約の取り直しをお願いいたします。

保険証は毎月確認しております。月が変わった場合は忘れずにお持ちください。

再診についてはWEB予約システム上で枠が埋まっていても受診できるよう調整いたします。お手数ですがお電話(03-6233-9538)にてお問い合わせください。なお、予約時間については多少前後する場合もございます。何卒ご了承くださいませ。

認知症の診断は可能ですか?

はい、可能です。しかし、より詳細な鑑別をするためには、他院で画像検査などを受けていただく必要があります。
ただ、認知症については鑑別や薬物療法よりも、ケアマネージャーと連携をとり、介護認定を受け、サービスを受けるなど社会的資源の活用が重要です。当院ではできるだけスムーズに治療が進むよう、地域と連携して治療を行っています。

子どもは何歳から受診できますか?

小学校低学年から受診できます。
ただし、当院は児童専門のクリニックではないため、ケースによっては専門機関をご紹介させていただいております。お気軽にご相談ください。

予約について

WEB予約の使い方を教えてください

WEB予約システムでは「初診」と「再診」で予約枠を分けております。詳細は説明ページをご覧ください。
WEB予約システムのつかい方

WEB予約したいのですが再診の枠がいっぱいです。どうしたらよいですか?

再診については、WEB予約システム上で枠が埋まっていても受診できるよう調整いたします。お手数ですがお電話(03-6233-9538)にてお問い合わせください。なお、予約時間については多少前後する場合もございます。何卒ご了承くださいませ。

予約日に受診できなかったのですが、どうしたらよいですか?

お電話でご相談ください。予約できるよう、こちらで時間調整をさせていただきます。

予約の日時に行けなくなりました。キャンセルはできますか?

予約の変更やキャンセルをされる場合は早めにご連絡ください。

当院について

会社からすぐに診断書を出してくれ、と言われたのですが…

可能な限り、受診当日に診断書、各種書類などにも対応できるよう努めております。お気軽にご相談ください。

生活保護にも対応していますか?

はい、対応しております。

乳幼児を連れて受診できますか?

はい、可能です。おむつ台もあるため、気軽に受診に来てください。できるだけ待たずに帰宅できるよう、予約時間なども調整します。

駐車場はありますか?

当院専用の駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングが複数あります。そちらをご利用ください。

車椅子で受診はできますか?

ビルの1階入り口に階段がございますので(3段)、車いすの方のためのスロープをご用意しております。クリニックスタッフがお手伝いさせていただきますので、ご来院前にご連絡ください。
なお、エレベーターの広さは「85cm×135cm」です。車椅子を横向きに入れる必要がありますのでご注意ください。
クリニック内はバリアフリーとなっております。

各種制度について

通院費が安くなる制度があると聞いたのですが

はい。自立支援制度を使えば医療費が安くなります。
簡単に言うと現在の通院費および薬代が3分の1になる制度です。詳細はこちらの資料をご覧ください。
【PDF】厚生労働省「自立支援医療(精神通院医療)について」

申請は市町村の担当窓口(障害福祉課、保健福祉課など)で行います。
詳しくはお住まいの地域の担当窓口および精神保健福祉センターにお問い合わせください。


お薬について

他のクリニックに通院していて、薬の副作用が出てしまったのですが…。

薬の説明などには時間がかかるため、セカンドオピニオンをご利用いただくか、直接当院に受診に来てください。

妊娠中ですが、薬は大丈夫ですか?

当院ではガイドラインに基づいた、適切な薬物療法を行っています。お気軽にご相談ください。

薬は依存症になりませんか?

当院では適切な薬剤を、必要最小限の量で処方しています。お気軽にご相談ください。

院内処方はありますか?

はい。一部のお薬は院内処方も可能です。処方箋ではなくその場でお薬を希望される方はご相談ください。

カウンセリングについて

カウンセリングとはどのようなものですか?

初診時にカウンセリングの希望をお伝えください。カウンセリングについては医師もしくは心理士が対応いたします。

心理療法の方法は「認知行動療法」もしくは「精神分析的精神療法」を主に行っておりますが、患者さんそれぞれにあわせた治療法を選択していますので、お気軽にご相談ください。(カウンセリング時には3,000~5,000円の予約料が別途かかります)

当院では週1回50分のカウンセリングを基本としています。治療者および患者様のスケジュールをすり合わせる必要があり、希望の日程でのカウンセリングを用意できない場合もあります。その点はあらかじめご了承ください。

親子カウンセリング、夫婦カウンセリングは可能ですか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。

通院以外にも自分でできることはありませんか?

こちらのページで「自分でできる、心理トレーニング」をご紹介しております。
ワークブックもご用意いたしましたのでご利用ください。

お酒のコントロールができません。アルコール依存の相談もできますか?

はい。長年にわたりアルコール依存症の問題に携わってきたカウンセラーが相談に応じます。詳しくは「アルコール依存にお悩みの方へ」のページをご覧ください。

発達障害の治療について

発達障害の治療を行っていますか?

当院では発達障害の患者さんの治療も行っています。

発達障害というのはどういうものですか?

発達障害というのは、簡単に言うと、生まれつきの個性で日常生活に支障がある人のことを指します。例えば、「忘れ物やミスが多い人、提出物の期限が守れなかったり、計画性がなかったりする人」。こういう人は注意欠陥多動性障害(ADHD)が疑われます。また「こだわりが強く、完璧主義な人。コミュニケーションが苦手で、空気が読めないといわれやすい人」。こういう人は、自閉スペクトラム症(昔はアスペルガー障害と言われていた)が疑われます。両方の特徴を持つ人もいるでしょう。

どのような治療法がありますか?

当院では注意欠陥多動性障害(ADHD)に対し、コンサータやストラテラなどによる薬物治療を行っています。また自閉スペクトラム症に対し、認知行動療法も含めた、カウンセリングなども行っています。また、しっかりとした心理検査を希望される方にはWAISⅢという知能特性のわかる検査(IQなどが測れるテストです)も行っています。
どうぞ、気軽に相談に来てください。

もう少し詳しく、発達障害の治療方針について教えてください

当院ではこころには「発達障害的部分」「非発達障害的部分」の二つの要素で構成され、それらの割合によって障害の程度が違うと考えます。

重症度を上からみると、
・知的障害を伴い、集団生活ができないレベル
・特殊学級を要するレベル
→小児系の精神科治療域

・中高までは大丈夫だったが、自由度の高い大学生活はおくることができないレベル
・大学は卒業できるが、就職活動ができないレベル
→就労移行支援施設などの活用を要する治療域

・就職はできるが、面倒見の良い人がいないと仕事ができないレベル
・なんとか仕事はできるが、いつも苦しいレベル
・仕事はできるが、ちょっと意地悪な人がいると容易にバランスを崩すレベル
・なんとなく楽しめない、周囲となじめない。自己理解が欲しい
・周りと生活できる人…正常?

どこからを発達障害と診断するか、というのは様々な意見がありますが、フーコーによると社会生活を送れない人を『障害』者として扱うそうです。なので、発達障害かもと思われ、来院される患者さんのほとんどが、俗にいう『グレーゾーン』に該当します。

ADHD、ASD、LDの要素についても、程度は様々で、重複します。ASD的な要素が強い人も、ADHD的な部分がありまし、逆もしかりです。
ADHD的な部分については薬が効くので、まずは薬物療法を勧めています。もちろん、薬物療法にも限界があります。ASD、LDに対しては有効な薬物は今のところありません。
ASD的部分については、ソーシャルトレーニングも含んだ、カウンセリング治療も候補にあげられます。当院ではカウンセリング技法における、『支持的共感』をベースにしながら、仕事における優先順位のつけ方、人間関係を円滑に進めるスキルなど、具体的かつ現実的なアプローチも重視しています。

ADHDの薬にはコンサータとストラテラ、インチュニブがあります。
コンサータは最もエビデンスが高く、最も安いです。一番普及しているので、当院ではまずこの薬を勧めています。副作用は頭痛、吐き気、食欲不振などです。副作用があれば、ストラテラに変更します。
インチュニブは子供にしか使えません

コンサータは18㎎より開始します。副作用がなければ、効果を認めるまで増量することが多いです。
発達障害の方は寝つきが悪い人も多いので、睡眠薬も併せて処方することが多いです。
睡眠薬はお酒と一緒に飲まないでください。

うつ病と適応障害について

うつ病と適応障害の違いはなんでしょうか?

ここから話す内容は正確ではないですが、ものごとの概略を掴むにはわかりやすいので、このように説明させていただきます。
大雑把に言ってしまえば、落ち込んだ状態のことを「抑うつ状態」と呼びます。具体的には、眠れない、食べられない、頭がぼーっとする、何をしても楽しくない、死にたい…などの症状を「抑うつ状態」と呼びます。
落ち込むことは誰にでも起こりうるので、「抑うつ状態」には健康な人でもなりえます。例えば、過労(残業時間が月80時間を超える)や人間関係のトラブル(パワハラやいじめ、離婚不倫など)、その他、様々なストレスによって、「抑うつ状態」になりえます。
これらのストレスによって「抑うつ状態」になると、適応障害という病名がつきます。
しかし、世の中にはストレスとは関係なく、「抑うつ状態」になってしまう人がいます。それをうつ病とか、躁うつ病などと呼びます。これは「脳の病気である」とか「遺伝子の病気である」などの言葉で語られることも多いですが、原因は今一つよくわかっていません。一般的に、うつ病は40~50代で発症することが多く、また躁うつ病は10~20代で発症することが多いといわれています。70代など高齢者でもうつを発症することが多いですが、これは老年期うつ病と別の呼び方をしたりすることもあります。うつ病や躁うつ病の人は、このような原因不明の落ち込みを3~6か月ほど過ごすことが多く、その後改善しますが、しばらくするとまた、原因不明の落ち込みを経験するといわれています。

うつ

うつ病と適応障害の治療法について、教えてください。

うつ病、躁うつ病の人であれば、薬物療法は必須といっても過言ではありません。うつ病にはSSRIやSNRIと呼ばれる、抗うつ薬がとてもよく効きます(躁うつ病には気分安定薬と呼ばれる、リチウムやバルプロ酸、ラモトリギンが処方されます。抗うつ薬は逆に症状を悪化させてしまうこともあるので、主治医とよく相談しながら使用してください)。また、再発防止にもなるといわれているので、医師と相談し、しばらくの期間は必要最小限の量を飲み続けたほうがいいでしょう。抗うつ薬を終了する判断は難しく、医師と相談したほうが良いと思います。
適応障害の人には抗うつ薬は必須とは言えません。休養と落ち込みの原因である問題やストレスに直接取り組むことの方が大切です。業務過多や上司からのパワハラなどが問題であった場合、休養と職場環境の調整が求められます。ただ、あとでも説明しますが、うつ病と適応障害を初見で区別することは難しいです。何年も診察治療を受けたのちに、診断が定めることも珍しくはありません。そのため、診断が難しく、副作用がないのであれば、抗うつ薬をあらかじめ飲んでおくというのも、悪くない判断だと思います。

うつ病と適応障害の診断の区別はつけられるのでしょうか?

1913年にヤスパースという精神科医から哲学者になった人は「了解可能か否か」というラインで、うつ病を区別しようとしました。落ち込む原因が、こちらでも理解できるものであれば、うつ病じゃないと言いました。たしかに、うつ病でも症状がひどい人で、入院が必要なレベルの人は「私はこの世で一番悪い人間だ。小学生の時に万引きをし、決して許されるはずがない」「私は貧乏だ。貯金もない(実際はけっこうある)」「私は何かの病気にかかっているに違いない。先生は私ががんであることを隠している(隠していない)」など妄想のように語り、理解がしがたいです。
ただ時代の変化によって、うつ病それ自体が軽症化しているのも事実です。昔の人よりも現代人の方が、心理学的な知識(うつ病という病気のことを知っている、お化けなどの存在を信じない、など)があるためだ、と言われることもありますが、その理由は分かっていません。
また、何もストレスのない人生はありえないので、うつ病を発症した時期にも、何かストレスやトラブルが起きていることが多く、「そのストレスで落ち込んでいるのでは?」と考えれば、診断は適応障害になってしまいます。
しかし、診察や治療を続けていくと、うつ病の人は再発することが多く、元気な時期と落ち込んでいる時期がはっきりとわかるので「この人はうつ病だったんだな」とわかることが多くあります。
あとは臨床医の勘です。医師のセンスにもよりますが、全体から見れば、結構当っているようにも思います。しかし、外すことも多いので、やはり薬物療法の必要の有無は診察のたびに考えなくてはいけないと思います。

睡眠薬や抗不安薬について、教えてください

これらの薬は抗うつ薬ほど重要度は高くないですが、あるととても楽に過ごせます。睡眠薬はよく眠れるようになりますし、抗不安薬は日中の不快感を軽減してくれます。
「抑うつ状態」の期間はとても苦しいので、薬の助けがあってもいいのではないかと思います。うつ病の人に抗うつ薬が効くまで、適応障害の人の職場環境調整が済むまで、時間はとてもかかります。その間、これらの薬があったほうが、楽に過ごせます。
依存になりませんか、と聞かれることが多いですが、適量を飲めば、依存にはなりません。

適応障害はうつ病と比べて、軽いのでしょうか?

どちらの病気の方が苦しい、というのはとても不毛な議論のように思います。どちらも「抑うつ状態」の中にあり、とても苦しいです。寝込んで動けないから苦しいのか、ギリギリ会社に行けるから苦しくないのか。どちらも苦しいはずです。
どちらもとても苦しく、死んでしまいたいと頭によぎることがあります。決して無理をせず、気軽に診察に来ていただければと思います。

ハラスメント関連

会社でパワハラを受け心身に不調が出ています。こちらで相談できますか?

はい。当院ではパワハラを受け、抑うつ状態(眠れない、食べられない、動悸がするなど)を苦に来院される方が多数います。
眠れない→睡眠薬、動悸がする→抗不安薬によって、ある程度症状は改善しますが、根本的な原因である「パワハラのストレス」への対処が必要です。

パワハラに対しては
①証拠作成:音声データ、実際に送られてきたメール、日記などの毎日の記録
②医師による診断書
をもとに、内容証明書というものを弁護士もしくは行政書士の方の指導の下で作成し、パワハラをしてきた上司ないし会社に対して郵送します。そこで謝罪文もしくは慰謝料などを請求します。
相手が否認した場合は、弁護士さんを通じて、裁判になることもあります。

しかし、ここまで発展するケースはほとんどありません。
適応障害の診断のもと、自宅療養を指示する診断書を作成。休んでいる間に職場の環境調整を行い、パワハラ上司との物理的な距離がとれるようにする。その後、職場復帰をする、というケースがほとんどです。このようなパターンだと、弁護士さんらとのやり取りの必要はありません。
 
病休をとり、このまま仕事を辞めてしまう人もいます。その際、残業代の未払い請求などもできるそうですが、これも弁護士さんに相談する必要があります。

労災認定をとるパターンもあります。当院は労災認定も受けています。
気軽にご相談ください。

職場復帰・復職

自宅療養期間中はどのように過ごせば良いですか?

復職直前は職場復帰後の生活リズムに近い生活をすることが望まれます。
2週間ほど、起床から就寝までの1日の活動スケジュールを記録することを勧めています。

自宅療養から復職までの流れを教えてください

  1. 主治医から自宅療養の診断書をもらい、職場へ提出し、休暇に入ってください。
  2. まずはゆっくり休みましょう。
  3. 担当の方(通常は上司が対応)とは定期的に連絡をとってください。
  4. 症状の程度によって、頻度や連絡内容は異なります。業務量や人間関係が問題であった場合、休み始めからそのことを伝え、復帰後に調整できるか、打診を開始してください。連絡するコツなど、わからないことも多いと思うので、外来診察時に主治医とよく相談してください。
  5. 症状が回復したら、復職に向けて動きましょう。
  6. 担当の方(通常は上司が対応)に連絡し、復職時期および産業医面談時期を決めてください。
  7. 所属部署の業務量や人間関係に問題があった場合、職場調整も検討し、担当者に相談してください。
  8. 復職2週間前ごろから活動記録表(下記参照)をつけてください。産業医面談で活動表が必要な場合があります。
    活動記録表(1週間)【PDF】
    活動記録表(1日)【PDF】
  9. 復帰時期が決まったら、主治医に復帰可能の診断書を作成してもらってください。
  10. 自宅療養中、社会保険加入者は給料の代わりに傷病手当金が支給されることもあります。1か月ごとに申請し、基本給の約6割が支給されます。会社から書類をもらい、主治医に記載をお願いしてください。

活動記録表について教えてください

生活リズムを整え、復帰後の生活に近い生活をするようにしましょう。
例えば、出勤時と同じ時間に起床し、通勤ラッシュなどを体験したりします。

(例)
07:00 起床。スーツに着替える、朝食をとる。
08:00 模擬出勤
09:00 ウォーキング
10:00 喫茶店や図書館などで資格などの勉強
12:00 昼食
13:00 パソコンなどで資料の作成、またはまとめ
16:00 ウォーキング
17:00 模擬退社
18:00 帰宅
19:00 夕食、リラックス
21:00 家族と談話、電話
22:00 就寝

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.