東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 木・日・祝休診

0362339538
初診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

よくあるご質問

診察について

セカンドオピニオンについて

受診するかどうか迷っています。事前に相談できますか?

メールにて事前相談を承っております。受診を決めかねている方はお問い合わせフォームよりご相談ください。
事前相談に料金はかかりませんが、ご返信までにお時間をいただくことがございます。

領収書を紛失したときは?

領収書は発行する義務がありますが、再発行については法的義務がなく、二重計上されてしまうことがあり、当院でも原則対応していません。
再発行を希望される方については、領収書に朱印で「再発行」と記載し、手数料として1枚500円をいただいています。
ご理解のほど、よろしくお願いします。

はじめての受診です。診察までの流れや準備するものを教えてください。

当院は予約制です。電話またはインターネット(WEB予約)よりご予約いただけます。ご不明点はお電話にてお気軽にお問い合わせください。

当日は保険証をお持ちください。以前に他院に通院されていて紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方は、受付にご提出ください。
診察前に問診票をご記入いただきます。なお、問診票はダウンロードもできますので、あらかじめ記入してご持参いただくとスムーズです。
問診票はこちら【問診票

初診の流れは「診療案内 > 初診の方へ」でもご案内しております。

早稲田駅には行ったことがないのですが、学生さんばかりで社会人の私は目立ちませんか?

早稲田大学駅は大学生以外にも、早稲田在住の方やそこに職場がある人など、幅広い年齢層の人がいますので、学生でないからといって、目立つことはありません。
また、当院の待合室にも幅広い年齢の方が男女比半々ぐらいでいらっしゃいますので、目立つことはありません。
安心して、ご来院ください。

他のクリニック通院中ですが、今回だけ薬だけもらうことはできますか?

当院は夜間・土曜とほかのクリニック様が診療されていない時間にも開院しているため、薬を切らしてしまったという方もご来院いただけます。紹介状などなく、受診可能です。ただし、初診扱いになってしまうため、いつもよりも診察代がかかってしまうことをご了承ください。

再診(2回目以降)の流れを教えてください。

前回の診察時に予約をされた方は、予約日時にご来院ください。診察時に予約をされなかった方は、電話もしくはインターネット(WEB予約)にてご予約ください。予約当日に来られなかった場合は、改めて予約の取り直しをお願いいたします。

保険証は毎月確認しております。月が変わった場合は忘れずにお持ちください。

再診についてはWEB予約システム上で枠が埋まっていても受診できるよう調整いたします。お手数ですがお電話(03-6233-9538)にてお問い合わせください。なお、予約時間については多少前後する場合もございます。何卒ご了承くださいませ。

認知症の診断は可能ですか?

はい、可能です。しかし、より詳細な鑑別をするためには、他院で画像検査などを受けていただく必要があります。
ただ、認知症については鑑別や薬物療法よりも、ケアマネージャーと連携をとり、介護認定を受け、サービスを受けるなど社会的資源の活用が重要です。当院ではできるだけスムーズに治療が進むよう、地域と連携して治療を行っています。

子どもは何歳から受診できますか?

高校生から受診できます。

中学生までは、まずは小児科を受診されて、小児科医の診断に応じて診断書をお持ちになり受診されてください。
当院は児童専門のクリニックではないため、ケースによっては専門機関をご紹介させていただいております。お気軽にご相談ください。

予約について

WEB予約したいのですが再診の枠がいっぱいです。どうしたらよいですか?

再診については、WEB予約システム上で枠が埋まっていても受診できるよう調整いたします。お手数ですがお電話(03-6233-9538)にてお問い合わせください。なお、予約時間については多少前後する場合もございます。何卒ご了承くださいませ。

予約日に受診できなかったのですが、どうしたらよいですか?

お電話でご相談ください。予約できるよう、こちらで時間調整をさせていただきます。

予約の日時に行けなくなりました。キャンセルはできますか?

予約の変更やキャンセルをされる場合は早めにご連絡ください。

当院について

会社からすぐに診断書を出してくれ、と言われたのですが…

可能な限り、受診当日に診断書、各種書類などにも対応できるよう努めております。お気軽にご相談ください。

生活保護にも対応していますか?

はい、対応しております。初診時に医療券をお持ちください。

乳幼児を連れて受診できますか?

はい、可能です。おむつ台もあるため、気軽に受診に来てください。できるだけ待たずに帰宅できるよう、予約時間なども調整します。

駐車場はありますか?

当院専用の駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングが複数あります。そちらをご利用ください。

各種制度について

各種書類の値段を教えてください

傷病手当金…保険診療で支払われます。3割の方で300円ほどです。

診療情報提供書(紹介状)…保険診療で支払われます。3割の方で750円ほどです。

診断書…保険診療では支払われません。自費となります。A4サイズ1枚当たり3500円です

自立支援医療意見書、精神障害者手帳の診断書…保険診療では支払われません。自費となります。7000円です。

障害者年金診断書…保険診療では支払われません。自費となります。14000円です。

通院費が安くなる制度があると聞いたのですが

はい。自立支援制度を使えば医療費が安くなります。
簡単に言うと現在の通院費および薬代が3分の1になる制度です。詳細はこちらの資料をご覧ください。
【PDF】厚生労働省「自立支援医療(精神通院医療)について」

申請は市町村の担当窓口(障害福祉課、保健福祉課など)で行います。
詳しくはお住まいの地域の担当窓口および精神保健福祉センターにお問い合わせください。

(世帯所得によって、利用上限額が変わります。
市民税が23万5000円以上の方:年収550万~?は自立支援は適応されません。ただし高額治療継続者「重度かつ継続」に該当した場合、月額2万円までとなります。
http://utsu-rework.org/info/ss.pdf )

精神障害者福祉手帳について


・初診から6か月以上が経過しているときに(他院での初診含む)、手帳の申請が可能です
・手帳申請の際には、医師の診断書が必要になります。料金は7000円で、書類作成に2週間かかります。

・もし可能なら、以下の項目をメモで準備していただけると助かります。(ご準備されなくても、カルテなどを参考に作成します)
○発病から、現在までの経過
○おおむね、最近2年間にわたる日常生活について
食事はしっかりとれているか? 自分で準備できているか、など
入浴や洗濯、掃除はできているか? 規則正しく生活ができているか?
お金の管理は適切か? 使いすぎてないか?
通院と服薬はできているか? 援助が必要か?
他人とのコミニケーションはとれているか?
身辺の安全管理、危機対応はできているか?
バスや電車などの公共機関は使えるか?
趣味や娯楽などの活動はできているか?

参考:精神科生涯手帳の書き方について(2020/2/21)
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nx3/cnt/f531114/p831938.html

お薬について

他のクリニックに通院していて、薬の副作用が出てしまったのですが…。

薬の説明などには時間がかかるため、セカンドオピニオンをご利用いただくか、直接当院に受診に来てください。

妊娠中ですが、薬は大丈夫ですか?

当院ではガイドラインに基づいた、適切な薬物療法を行っています。お気軽にご相談ください。

薬は依存症になりませんか?

当院では適切な薬剤を、必要最小限の量で処方しています。お気軽にご相談ください。

近くに処方せんを受付けている薬局はありますか?

はい、当院の近くに処方せんを受付けている薬局が複数あります。
となりの高田馬場駅には、日曜・祝日も営業しているところが2軒あります。
各薬局の営業時間や場所はこちらの「近隣の処方せん受付のある薬局一覧」よりご確認ください。

カウンセリングについて

益田先生からもらった資料を失くしてしまいました

益田が作成した患者さん向けの資料を置いておきます。
良かったら、ご活用ください。適宜、加筆修正していく予定です。

認知行動療法が自分でできるワークブックです。一番上から順にやってみてください。

薬の説明

カウンセリングとはどのようなものですか?

カウンセリングは心理士による自費診療となります。

心理療法の方法は「認知行動療法」もしくは「精神分析的精神療法」を主に行っておりますが、患者さんそれぞれにあわせた治療法を選択していますので、お気軽にご相談ください。カウンセリング時に6000円の自費診療がかかります。当日、保険診療による診察は受けられません。

当院では週1回45分のカウンセリングを基本としています。治療者および患者様のスケジュールをすり合わせる必要があり、希望の日程でのカウンセリングを用意できない場合もあります。その点はあらかじめご了承ください。

親子カウンセリング、夫婦カウンセリングは可能ですか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。

通院以外にも自分でできるトレーニングはありませんか?

発達障害の治療について

発達障害の治療を行っていますか?

はい、当院では発達障害の患者さんの治療も行っています。

うつ病と適応障害について

パニック障害について

ハラスメント関連

アフターピルについて

通院中の患者さんに対し、アフターピルについて、ご相談を承ります。初診での処方については、お受けしていません。

内診はなく、簡単な問診だけで処方可能です。

性行為から72時間を超えている場合、アフターピルよりも産婦人科での子宮内避妊具をお勧めしています。

その日の診察は自費となりますので、ご理解のほど、よろしくお願いします。

詳しくはこちらから

参考:産婦人科学会によるガイドライン

http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kinkyuhinin_shishin_H28.pdf

会社でパワハラを受け心身に不調が出ています。こちらで相談できますか?

はい。当院ではパワハラを受け、抑うつ状態(眠れない、食べられない、動悸がするなど)を苦に来院される方が多数います。
眠れない→睡眠薬、動悸がする→抗不安薬によって、ある程度症状は改善しますが、根本的な原因である「パワハラのストレス」への対処が必要です。

パワハラに対しては
①証拠作成:音声データ、実際に送られてきたメール、日記などの毎日の記録
②医師による診断書
をもとに、内容証明書というものを弁護士もしくは行政書士の方の指導の下で作成し、パワハラをしてきた上司ないし会社に対して郵送します。そこで謝罪文もしくは慰謝料などを請求します。
相手が否認した場合は、弁護士さんを通じて、裁判になることもあります。

しかし、ここまで発展するケースはほとんどありません。
適応障害の診断のもと、自宅療養を指示する診断書を作成。休んでいる間に職場の環境調整を行い、パワハラ上司との物理的な距離がとれるようにする。その後、職場復帰をする、というケースがほとんどです。このようなパターンだと、弁護士さんらとのやり取りの必要はありません。
 
病休をとり、このまま仕事を辞めてしまう人もいます。その際、残業代の未払い請求などもできるそうですが、これも弁護士さんに相談する必要があります。

気軽にご相談ください。

職場復帰・復職

自宅療養期間中はどのように過ごせば良いですか?

復職直前は職場復帰後の生活リズムに近い生活をすることが望まれます。
2週間ほど、起床から就寝までの1日の活動スケジュールを記録することを勧めています。

休職期間中は傷病手当金などによって金銭的な保証があります。基本給の2/3が支給されるものです。
詳しくは、外来主治医に相談してください
参考:傷病手当金
各種制度

自宅療養から復職までの流れを教えてください

  1. 主治医から自宅療養の診断書をもらい、職場へ提出し、休暇に入ってください。
  2. まずはゆっくり休みましょう。
  3. 担当の方(通常は上司が対応)とは定期的に連絡をとってください。
  4. 症状の程度によって、頻度や連絡内容は異なります。業務量や人間関係が問題であった場合、休み始めからそのことを伝え、復帰後に調整できるか、打診を開始してください。連絡するコツなど、わからないことも多いと思うので、外来診察時に主治医とよく相談してください。
  5. 症状が回復したら、復職に向けて動きましょう。
  6. 担当の方(通常は上司が対応)に連絡し、復職時期および産業医面談時期を決めてください。
  7. 所属部署の業務量や人間関係に問題があった場合、職場調整も検討し、担当者に相談してください。
  8. 復職2週間前ごろから活動記録表(下記参照)をつけてください。産業医面談で活動表が必要な場合があります。
    活動記録表(1週間)【PDF】
    活動記録表(1日)【PDF】
  9. 復帰時期が決まったら、主治医に復帰可能の診断書を作成してもらってください。
  10. 自宅療養中、社会保険加入者は給料の代わりに傷病手当金が支給されることもあります。1か月ごとに申請し、基本給の約6割が支給されます。会社から書類をもらい、主治医に記載をお願いしてください。

活動記録表について教えてください

生活リズムを整え、復帰後の生活に近い生活をするようにしましょう。
例えば、出勤時と同じ時間に起床し、通勤ラッシュなどを体験したりします。

(例)
07:00 起床。スーツに着替える、朝食をとる。
08:00 模擬出勤
09:00 ウォーキング
10:00 喫茶店や図書館などで資格などの勉強
12:00 昼食
13:00 パソコンなどで資料の作成、またはまとめ
16:00 ウォーキング
17:00 模擬退社
18:00 帰宅
19:00 夕食、リラックス
21:00 家族と談話、電話
22:00 就寝

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.