東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

夜間・土曜も診療

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538
0362339538
メール
夜間・土曜も診療

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

益田先生からもらった資料を失くしてしまいました

ここに益田が作成した患者さん向けの資料を置いておきます。 良かったら、ご活用ください。適宜、加筆修正していく予定です。   ○認知行動療法が自分でできるワークブックです。一番上から順にやってみてください。 認知行動療法ワークブック、はじめに 抑うつ気分のスコア 第1回、認知行動療法、3つのコラムまで 第1回ワ…
続きを読む

医師の特徴および専門について教えてください

受付の方に先生ごとの印象を聞きました。ご参考にしてください。 山内先生 防衛医大卒業、元海上自衛官 どんなときも慌てず、落ち着いた雰囲気のある医師です。 増田先生 山口大学出身で、若手の女性医師です。話し方はゆっくりで、優しい雰囲気が特徴です。 診察は丁寧で、小さなことも聞き逃さず、適切に診療をしてくれます。 音羽先生…
続きを読む

パニック障害とはどのようなものですか? 治療法は?

〈1〉パニック障害とは 何の前触れもなく、激しい不安感に襲われ、呼吸が苦しく、胸やお腹が苦しくなり、「これから死んでしまうのではないか」という思いに支配される病気です。 このような症状は数分以内に収まりますが、不定期に出現します。 このような症状をパニック発作とよび、このパニック発作が度々起こる病気のことをパニック障害…
続きを読む

うつ病と適応障害の違いはなんでしょうか?

ここから話す内容は正確ではないですが、ものごとの概略を掴むにはわかりやすいので、このように説明させていただきます。 大雑把に言ってしまえば、落ち込んだ状態のことを「抑うつ状態」と呼びます。具体的には、眠れない、食べられない、頭がぼーっとする、何をしても楽しくない、死にたい…などの症状を「抑うつ状態」と呼びます。 落ち込…
続きを読む

うつ病と適応障害の治療法について、教えてください。

うつ病、躁うつ病の人であれば、薬物療法は必須といっても過言ではありません。うつ病にはSSRIやSNRIと呼ばれる、抗うつ薬がとてもよく効きます(躁うつ病には気分安定薬と呼ばれる、リチウムやバルプロ酸、ラモトリギンが処方されます。抗うつ薬は逆に症状を悪化させてしまうこともあるので、主治医とよく相談しながら使用してください…
続きを読む

うつ病と適応障害の診断の区別はつけられるのでしょうか?

1913年にヤスパースという精神科医から哲学者になった人は「了解可能か否か」というラインで、うつ病を区別しようとしました。落ち込む原因が、こちらでも理解できるものであれば、うつ病じゃないと言いました。たしかに、うつ病でも症状がひどい人で、入院が必要なレベルの人は「私はこの世で一番悪い人間だ。小学生の時に万引きをし、決し…
続きを読む

睡眠薬や抗不安薬について、教えてください

これらの薬は抗うつ薬ほど重要度は高くないですが、あるととても楽に過ごせます。睡眠薬はよく眠れるようになりますし、抗不安薬は日中の不快感を軽減してくれます。 「抑うつ状態」の期間はとても苦しいので、薬の助けがあってもいいのではないかと思います。うつ病の人に抗うつ薬が効くまで、適応障害の人の職場環境調整が済むまで、時間はと…
続きを読む

適応障害はうつ病と比べて、軽いのでしょうか?

どちらの病気の方が苦しい、というのはとても不毛な議論のように思います。どちらも「抑うつ状態」の中にあり、とても苦しいです。寝込んで動けないから苦しいのか、ギリギリ会社に行けるから苦しくないのか。どちらも苦しいはずです。 どちらもとても苦しく、死んでしまいたいと頭によぎることがあります。決して無理をせず、気軽に診察に来て…
続きを読む

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.