東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 木・日・祝休診

0362339538
初診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

精神科の薬の使い方について解説します

00:00 はじめに
01:04 精神科の薬の使い方とうつ病の場合の処方例
03:02 疾患別、メインになる薬
03:42 多剤とは
05:12 薬についてちょっと雑談

※※※特定の薬を推奨するものではなく、症状に合わせて、最適な薬は異なります。主治医とよくご相談ください※※※

今日は精神科の薬の使い方について解説します。

患者さんにどの薬が効いているかわからないと言われることがあるのですが、薬の使い方は、単純に言うとファーストフードのセットメニューのように、メインがあってオプションがあるというイメージです。
薬を出す順序も、メインを出してだんだんオプションを追加していくというようにします。減薬する場合はオプションから減らしていきます。

多剤というのはメインとなる薬を3つ以上あるいは4つ以上使っていることを言います。多剤療法は良くないとされ、保険点数を減点されます。

薬を出すことはある種の危険も伴うものですので、責任と誇りを持って行っています。


2020.10.10

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.