東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 木・日・祝休診

0362339538
初診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

カウンセリングで自伝を話せていますか?

00:00 今日のテーマ
01:33 どこから話しますか?
03:34 家系図を書く
05:00 自分史(子供時代から)
06:05 今の自分
07:16 自伝を語ってみることが大事

カウンセリングで「自伝(生い立ち)」を話せていますか? どのような心理療法かに関わらず、生い立ちから話すと治療者は人となりを理解できるものです。まずは家系図に始まり、自分の子供時代や親との会話、影響を受けたもの、今の自分をどう思っているのか、自分の長所・短所、職場の人間や身近な人、ビジネスやお金の話まで。

僕自身がよく「どうして精神科医になったのですか」と聞かれるのですが、聞いてくる人の中には僕の人生は幼い時から今まで筋が通っていると想像しているのかもしれません。ですがそんなことはなく、すごくずれていたり白が黒になるなど全く別の価値観に切り替わっているところもあります。そういう部分の想像力を持つことが成熟、円熟であり、自分の人生や他人のことがわかるということだと思います。

カウンセリングでは、今の自分のことだけを語るというのではなく、生まれる前までさかのぼってそこから今の自分に至るまでをどう語るかが大事です。連続性がないもので、失ってしまったものや納得のいかないものもあるでしょうけれど、語ってみるというのが大事だと思います。


2020.10.14

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.