東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 木・日・祝休診

0362339538
初診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

双極性障害(躁うつ病)について、症状から治療法まで全て説明します

00:00 今日のテーマ
00:15 躁うつ病とは?
04:09 躁うつ病の定義
07:10 治療について
10:46 再発に注意
11:25 躁状態の時は迷ったら入院
12:13 低め安定を目指す

双極性障害(躁うつ病)は100人に1〜3人発症するという珍しくない病気です。遺伝的な要素はあまり強くありません。10代〜20代で発症することが多いのですが、繰り返すうちに波が大きくなるため中高年で初めて見つかることもあります。

躁うつ病は、うつ病エピソードが14日以上、躁病エピソードが7日or4日以上続くというのが診断の基準になります。一日の中でのアップダウンではありません。

治療は気分安定薬をメインに使い、抗精神病薬をオプションとして使います。低め安定を目指すのが躁うつ病の治療です。
また、躁うつ病は再発に注意が必要です。躁状態の時に迷ったら入院するのも臨床的には正しい判断かと思います。


2020.10.23

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.