東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 木・日・祝休診

0362339538
初診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

統合失調症について原因から治療まで解説します

00:00 今日のテーマ
01:05 統合失調症
03:51 病理メカニズム
05:24 どういう経過を辿るのか
09:41 治療について
12:30 中高年で見つかることも
15:15 雑談・感想

統合失調症は精神科の治療においては基本中の基本ですが、町医者の場合は統合失調症はメインではないので動画にするのを避けていました。今日は頑張って説明してみたいと思います。

統合失調症は、妄想に支配されて日常生活を送るのが難しくなり、入院に至るケースも多い病気です。昔は精神分裂病、早発生痴呆と呼ばれていました。薬ができたのは1950年代と最近のことで、それまでは治療法がありませんでした。人口の1〜2%発症すると言われています。

病理メカニズムは、脳内のドーパミン系の異常により幻覚や妄想が生じるというのが特徴で、前兆期(トレマ期)→急性期(幻覚・幻聴・被注察妄想)→回復期・消耗期(無気力、寝て過ごす)→再発予防・維持期という経過を辿り、これを繰り返します。

治療はドーパミンを抑える薬を使います。定型・非定型の2種類があり、最近できた非定型の方を主に使います。副作用としてはパーキンソン病様症状(体が動かしにくくなる)、手足のムズムズなどがあります。

統合失調症は基本的に若年発症なのですが、中高年になって発見されることもあります。他に、遅発性パラフレニー(中高年の女性で社会的に孤立しやすい人に発症することがある)といったものもあります。

統合失調症の患者さんを見ていると、心や魂は脳の現象なんだと痛切に感じられ、多くの学びをいただきます。


2020.10.27

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.