東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 木・日・祝休診

0362339538
初診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

パーソナリティ症(旧:人格障害)について解説します

01:32 パーソナリティ症の要素
02:48 A群
04:26 B群
05:38 C群

今日は「パーソナリティ症(旧:人格障害)」について解説します。
昔は「人格障害」と言われていましたが、人格に問題があると言ってしまうのは倫理的に問題があるのではないかということで、「パーソナリティ症」と呼び名が変わりました。

パーソナリティ症の概念はとても広いので、説明するのが難しいです。
なので、ざっくりと解説していこうと思います。

パーソナリティ症の要素

パーソナリティ症は下記A~Fの6つの要素から成り立ちます。

A. 認知、感情、対人機能、衝動性
この4つが「人格機能」のメインとされ、そこに問題があるのではないかということです。

B. 社会生活全般において問題が認められる
C. 社会生活に障害がある

D. 成人期早期から(18歳以降、一時的なものではない)

E. 他の病気ではない
F. 薬物が原因ではない

具体的にどのような病気があるかはA群~C群の3つに分けられます。

A群

A群は「統合失調症」に似たパーソナリティ症ということです。

・妄想性/猜疑性PD(personality disorder)
「自分が攻撃されているのではないか」という漠然とした被害的な妄想を抱き続け、 ようなことになります。

・シゾイド/スキゾイドPD
孤立を好みます。人との交流を好まず、一人でいるのが楽。

・統合失調症型PD
上記2つの特徴を少しずつ持っていて、かつ奇異なものです。
「宇宙、魔術、魔法、スピリチュアル」などを好み、変わった服装をしたりします。それが慢性期の統合失調症ではなく漫然とあるという形です。「変わった人」という感じです。
ただこれは、パーソナリティ症と診断していたけれど統合失調症に診断が変わるケースも結構あります。

B群

他人に攻撃が向かう、意識が向かうタイプのパーソナリティ症です。

・反社会性PD
俗に言う「サイコパス」と呼ばれる人です。他人への共感性が低く、自分の利益のために他者を利用します。暴力的なものを好み、法律を無視します。

・境界性PD
対人関係が不安定で、衝動的です。その衝動性が自傷、過食など自分に向かいます。

・演技性PD
他人から注目されることを求め、注意を引くために、演技的な行動をとります。

・自己愛性PD
自分のことがとても大事で、誇大的、自分には才能があるという思いに取り憑かれています。

C群

自分に向かうタイプです。

・回避性PD:他人と距離を取る
・依存性PD:依存的
・強迫性PD:強迫的

依存性というのは面倒を見てもらいたいと他人にしがみつく、人と離れるのが不安だという「分離不安」があったりしますが、B群とは違います。演技性の方がより行動的です。

強迫性はこだわりが強く、完璧主義、融通がきかないタイプの人です。

以上、10個がパーソナリティ症になります。
今回はパーソナリティ症について大まかに解説しました。


2021.7.11

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.