東西線「早稲田駅」徒歩1分。夜間・土曜も診療。心療内科・精神科。自立支援対応

WEB予約こちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

03-6233-9538

予約制(当日予約可)/ 木・日・祝休診

0362339538
初診WEB予約

  

ご予約・お問い合わせ

03-6233-9538

幻覚と妄想(統合失調症)

00:39 幻覚とは
05:54 妄想とは

今日は「幻覚と妄想」というテーマでお話しします。

主に統合失調症の幻覚と妄想を解説しますが、それにともない、薬物や解離、発達障害の人の幻覚妄想との違いもお話しします。

幻覚とは

幻覚とは、読んで字のごとく「幻の感覚」です。
「感覚」ということなので、視覚、聴覚、触覚などがあります。

・幻視:はっきりしない⇄意識障害、レビー小体型認知症
統合失調症の幻視はあまりはっきりしないことが多いです。
ぼんやりしていたり、ピカピカ光るなどがあります。UFOが動くような光も統合失調症の幻視らしさです。

逆にはっきりとする幻視もあります。それは意識障害系のものです。
レビー小体型認知症の人の幻視は比較的はっきりしています。人影がくっきり見えると言ったりします。

薬物の幻視もはっきりしていたり、変なものが見えたりします。
解離性障害(ヒステリー)の人が言う幻視はさまざまなパターンを取り、はっきりしたものを言うこともあります。
発達障害の人や知的障害の子供が急性ストレス状態の時に見る幻視も、さまざまなパターンを取ります。

・幻聴:はっきりとする「話しかけと応答の形の幻聴」
逆に統合失調症の幻聴は、はっきりと聞こえることが多いです。「話しかけと応答の形の幻聴」(シュナイダーの一級症状)と言われます。
かなりはっきりと聞こえることが統合失調症らしさです。

幻覚妄想があるときに、僕が診察で何を一番重視するかというと「幻聴」です。

ふわふわ聞こえているか聞こえていないか、声が男の人なのか女の人なのか自分の声なのか、ファジーでわかりにくいものは統合失調症らしさは低いと思います。むしろ発達障害の人の幻聴やヒステリーの人の幻聴に似ています。

統合失調症の幻聴はかなりリアルで「ぶっ殺してやる、と男の人の声が聞こえました」など、現実との区別がつかないくらいはっきりしています。ですから自分から幻聴と言うことが少ないです。
解離性障害の人や発達障害の人の方が「幻聴かもしれません」という言い方をします。

また、統合失調症の幻聴ははっきりしているので、会話にもなったりします。
そこも統合失調症らしさです。

・幻触:虫がはう、性的、痛み(自己の人)
珍しいと言えば珍しいのですが、比較的遭遇するものとしては「幻触」があります。
虫が這っているように感じたり、性的に触られてしまったのでは、レイプされしまったのではと感じたり、痛みを訴える人もいます。

統合失調症以外の人でも同じようなことを言う人もいます。
認知症の人で幻触を持っている人もいます。

また、事故で手や足が切れてしまった人が、足がもうないはずなのに足を触られているかのような痛みを訴えることもあります。(幻肢痛)

・体感幻覚(セネストパチー):脳が動いているetc.
珍しいけれど時々あるものが「体感幻覚(セネストパチー)」です。
脳が動いているなど奇妙な訴えをします。腸の一部が中で回転している、便の時に腸が出てしまうなどということを言う人もいます。
ただこれだけで診断をすることはなく、あくまで幻聴があった上での診断です。

統合失調症の人の幻覚は本当に苦しいので、「これは幻覚だから大丈夫だよ」と軽く扱うのではなく、否定はしないけれどしっかり向き合うという態度が重要だと言われています。

妄想とは

・被害妄想(注察、追跡、被毒)
よくある妄想として「被害妄想」があります。

注察…見られている感じがする、ヤクザに監視されている
追跡…後ろから付いてくる、インターネットで見たサイトを全部見られている
被毒…毒が盛られている

最近よく聞くのは、ヤクザに追われている、監視されている、スマホにウィルスが入っている、スマホが操作されていて全部筒抜けになっている、WiFiを通じて何かをやっているなどスマホがらみのものが多いです。

話を聞いていて、最初はあながち嘘でもないかなと思いながら聞いていると、やはり妄想だったということがよくあります。

・誇大妄想(○○と付き合っていた)
「芸能人の○○と付き合っていた」というのはよくある誇大妄想です。
よくあるので「これは統合失調症の人の妄想かと思うかもしれませんが、益田先生ほんとなんですよ」と言う人もいます。

本当かなという気もするし、絶妙なラインをついてくる人もいます。「まだ売れてなかった頃の○○なんですけど」など。

・妄想気分→妄想着想→妄想知覚
妄想気分→妄想着想→妄想知覚というように変化していきます。

妄想気分…何か悪いことが起きる(漠然とした気分、原因があるわけでもない)
妄想着想…犬が6回吠えた。6=悪魔のサイン
妄想知覚…悪魔が来ることがわかりました

実際に臨床で聞いているのは「被害妄想」と「幻聴」です。これらを中心に診断しています。
逆に、誇大妄想や妄想気分などは統合失調症以外でも見られるので、話を聞きながら鑑別しています。

今回は統合失調症の幻覚と妄想について解説しました。


2021.11.22

© 2018 早稲田メンタルクリニック All Rights Reserved.